コーポレートメッセージ

2019年、株式会社ハートフル急配は創業14周年を迎えます。
14年間の皆さまのご支援とご愛顧によるものと心より御礼申し上げます。

2005年の創業、2010年の第二創業そして2019年の第三創業期と位置付け営業活動を行っております。
当社経営方針でも掲げている『現物現場』を一貫しながら、「一貫する為には」の次の一歩を考え続けております。
その過程で、お取引先様のご協力を頂き多方面に至る改善活動を行い、ご依頼頂く皆さまのご支持を頂くことができてきました。

ハード面の軽貨物車両を用いた小口シェア便をはじめとするコア事業とコア以外の付帯的なサポートによるソフト面。両面からお取引先様の業務が円滑に進むよう低価格維持に努めて参ります。
次期15年に向けたチャレンジとして、社内管理体制の見直しによる1件あたりの利益率を改善し近年の急激な景況感に左右されない組織改善を果敢に行ってまいります。

低価格維持・利益維持
・土居集約と本社移転
・分散拠点の再配置
・取引先様の遊休資産の活用
・管理業務のテレワーク化
・虚礼儀礼の廃止
・垂れ流し的な広報の廃止
・業務連絡と広報の同時配信

運送会社に事務所と倉庫が自前で所有する必要があるのか?
ゼロベースで昨日までの常識を疑い、新しい形を求めている次第でございます。

弊社の見通しでは2019年は非常に厳しい景況感が予想されます。
どちらにブレても利益が確保出来る事が重要であると考え、上記の重点項目を中心にスリム化を図ります。
弊社の存在意義は何なのか?
求められている理由は何なのか?
その一点だけを鋭く鋭くしていく所存でございます。
事業拡大をお客様は求めていない。
低価格を実施するのではなく、低価格を数年以上維持し続ける強い組織をご希望であると考えます。
他社は他社。弊社は弊社。配達員から吸い上げられる情報と単年度の契約更新から得られる情報と与信力を基に本年も清々と営業活動を行ってまいります。
本年も昨年とは違う株式会社ハートフル急配並びに関連事業会社を宜しくお願い申し上げます。

平成31年1月  久保 省一

 
我不媚人 不望富貴

Archive(コーポレートメッセージ)


2018(平成30年)
2019(平成31年)